RENOVATION

高度成長期に建てられたビル群が約30年の時を過ぎ、様々な問題を抱えたまま負の遺産となり放置されるか解体させる寿命になりつつある。

建物全体及び付帯設備の両老朽化、新耐震基準への不適合、アスベスト等々の問題をはじめ、新しいニーズに応えられない現状から空スペースが増加し収益が悪化している。

これらのビルをスクラップアンドビルドで新築・改築する事も出来るが環境問題や経済状況からして解体するのではなく、 もう一度問題点や付帯要素を分析し最適な資産の活用や新しい要素の導入やデザイン力によって付加価値を高めリニューアルやコンバージョンによる再生をし、 ライフサイクルを延ばす事による資産・価値を高める事もひとつの方法である。

この再生の成功のカギはいかに魅力を高める事が出来るかにかかっている。経済環境や時代背景の変化が激しくニーズの高度化、 多様化が進む中新築物件と対等に競争する事は特策ではなく、費用対効果を考慮したおもいきった投資による今までのイメージを打破する事である。

CONVERSION

写真をクリックすると詳細が確認できます。

RENOVATION

写真をクリックすると詳細が確認できます。

REFORM

写真をクリックすると詳細が確認できます。

PAGE TOP